丸の内線「方南町駅」より徒歩30秒の内科 方南町さくらクリニック|東京都杉並区 区民健診 企業健診 予防接種 往診・訪問診療 女医による診療 中野区


丸の内線「方南町駅」より徒歩30秒の内科 方南町さくらクリニック|東京都杉並区 区民健診 企業健診 予防接種 往診・訪問診療 女医による診療 中野区

月・火・水・金は9:30~12:30、15:00~19:00|土曜は9:30~12:30|木曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号0333151315

方南町さくらクリニックでは時間予約をしていただけます。予約はこちらから。

方南町さくらクリニックの問診票を事前にダウンロードしていただけます。

丸の内線「方南町」駅より徒歩30秒とアクセス便利な場所にございます。

胃腸炎

胃腸炎はウイルスや細菌などが原因で、胃腸が炎症を起こした状態を言います。

こんな症状ありませんか?

  • 胃のあたりに不快感や痛みがある
  • 胃のむかつきや嘔吐がある
  • 食欲がない

急性胃炎の場合、原因を取り除き、その後は症状にあわせた薬を服用します。
胃痛が出てから半日~1日はぬるま湯などの水分のみを接種する絶食の状態で胃を休めます。物が食べられるようになってきたら、お粥などの胃に負担の少ないやわらかい食事を摂り、ゆっくりと普通の食事に戻します。
痛み等が治まってからも、しばらくはタバコやアルコールやコーヒー、辛いものなど刺激の多い食品は避けましょう。

考えられる原因

  • 酒、コーヒー、辛いもの、タバコ
  • ストレス、不規則な生活
  • 食物アレルギー

胃腸炎で胃カメラ検査は必要?

胃炎は痛みなどの症状を取り除くことの他に、大きな病気が隠れていないかということを見ることも大切です。
内服や生活習慣の改善にて症状が改善しない場合には、分院へご紹介致します。

このページの先頭へ戻る